トップ >> 不動産価格の参考資料は

不動産価格の決め方について

不動産価格は、売主と買主で一致した金額が時価になり、その地域の売買実例となります。とはいえ、そのような例はかなり古いデータしかないことが多いです。また、そのようなデータを持っているのは業者に限られており、一般の人は中々アクセスできません。そんな時に有用な手段として国税庁がリリースしている路線価があります。不動産価値は、物件に面している道路の価値による部分が大きいという特徴を生かしたこの算定方法は、データが公表されていることや計算方法自体難しくないということもあり、広く使用されています。

工務店の役割について

工務店は、住宅の工事を担当する職人たちの手配を行ったり、専門工事業者のマネジメントを担当する業者です。地域密着で営業をしている場合が多いため、融通がきくことやきめの細かいアフターケアを受けられる魅力を持っているところが特徴として挙げられます。工務店といっても、現代ではさまざまなタイプのものがあります。例えば、棟梁タイプのものでは、従来のように職人である棟梁が設計から工事を担います。社内に建築士を抱えて、社外の設計事務所と連携しながら、デザインによって他者との違いを造り出しています。

売買される不動産の情報