トップ >> 不動産業界で有名なもの

不動産業界の商品の代表

不動産業界の商品の代表とも言える、建売住宅というものがあります。こちらはまず土地を安く購入し、そこに住宅を建ててから、販売するという方法です。住宅は、建ててから売るという方法と、「こんな住宅を建設しますがいかがでしょうか?」と販売してから建設するという方法の2通りあります。バブル期と比べると、その相場価格は格安となっています。もう作る住宅がきまっているため、営業はその住宅を「売る」ということに専念します。この業者の中では、社有不動産の物件在庫数が多い会社がより強力に生き残っていくといわれています。

私達の身近にある不動産会社

街でもよく見かけて、とても身近な存在の不動産会社とは、賃貸物件の仲介業者なのではないでしょうか。こちらは、賃貸マンションやアパートの家主さんから委託された業者が、入居者の募集をするというものです。家主さんは、入居者を探してもらう代わりに、「入居者がみつかったらお金を払います。」と、仲介手数料の支払いをします。また、同じ不動産業者でも、家主から、仲介のみを委託されている場合と、仲介と管理の両方を委託されている場合の2通りがあります。どちらにしても業者は、物件を所有していなくても安定的な利益を得ることができるので、委託契約を打ち切られないようにがんばるわけなのです。

売買される不動産の情報